山形県臨床細胞学会

会長挨拶
Greeting

会長挨拶

 山形県臨床細胞学会もホームページを立ち上げることができました。御尽力いただきました関係諸氏に心から感謝申し上げます。
 デジタル化社会の到来により、emailやホームページなどインターネットを利用した各種の情報システムが構築されてきました。素早く、簡単に情報を得ることができる便利な社会となってきました。ペーパーレス化も進み、電子書籍は紙書籍よりも安価で保管場所を取らない情報源として利用を広げています。学会誌も電子化が進み、日本臨床細胞学会誌や東北臨床学会誌も電子化されてきています。当山形県臨床学会も理事会では数年前から学会誌の電子化が検討されています。企業からの協賛を得にくい時代となり、学会の予算が次第に立てにくくなりつつあり、印刷代や郵送代がかからない学会誌の電子化は学会運営側にとっては非常に魅力的です。学会員にとっても過去の学会誌を検索することがより簡単になり、利点はあると思われます。
 各種連絡事項も更新が容易で即日性に優れています。しかしながら、ホームページを開かないと情報を得ることができず、郵便物のように確実に各自に伝わるかという点においては劣っているように思えます。学会員が普段から閲覧したいと思うような魅力的なホームページにすることや、emailを併用して情報の伝達がより確実となるような工夫が必要です。
学会員から早くて、確実で、便利だと言われ、頻回にアクセスしていただけるホームページを目指して行きたいと思いますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。

山形県臨床細胞学会
代表 阿部祐也